IT保守・IT業務のアウトソーシングならITボランチ

SERVICEサービスのご紹介

PCキッティング

効率やコストを考えても
PCキッティングはアウトソースするべき

キッティングとは、「エンドユーザー(実際に利用する従業員)がすぐ使えるようにIT機器の環境を整備すること」です。キッティングが完了してからでないと業務にPC・スマートフォン等は使えません。

ここでいうIT機器とは一般的には、パソコン(PC)、スマートフォン、フューチャーフォン、タブレットなどを指しています。

キッティングで必要な作業は自社環境や利用する機器などによって異なりますが、

  • 開封
  • BIOS・OS等のセットアップ
  • アカウント設定
  • 業務・セキュリティアプリのインストール

などが基本的に必要となってきます。

ちなみに似たような言葉に「セットアップ」がありますが、こちらは最低限機器が利用できる環境を用意するだけで、業務アプリ・セキュリティアプリのインストールといった細かい作業までは範囲に含まれていません。明確な定義がなく混乱する方もいらっしゃるので、大まかな範囲の違い(キッティングのほうがより多くの設定作業を含んでいる)だけでも覚えておくと安心です。

キッティングは企業でIT担当者として勤めているならば、必ず行っている作業です。そして直接利益の発生しないバックオフィス系の作業になっています。このためキッティングをしていると意識しながら作業している方も、そうでない方も効率化のコツを覚えて、より必要な作業へ時間を回せるように工夫できるとよいでしょう。

詳しくは関連コラムをご覧ください

キッティングとは?負荷を減らし作業を効率化するポイントを解説
キッティングとは?負荷を減らし作業を効率化するポイントを解説

パソコン(PC)やモバイル端末などのキッティングは同じ作業の繰り返しになることや、台数が増えると作業量が単純に増えることから、情シスなどのIT担当者としても「 …続きを読む

IT資産管理を自社で行う場合の手順

手作業の場合

中小規模の企業では、いまだに手作業でキッティング作業をしているところがあるでしょう。一台一台の機器環境を担当者が個別にセットアップしていき、利用できる状態にまで持っていく方法です。

PCの場合の手順
  1. PCを開封して設置、電源を付ける
  2. マウスやキーボードなどの周辺機器を接続する
  3. BIOS・OSなどのセットアップ
  4. アカウント設定を行う
  5. ネットワークの設定を行う
  6. 業務アプリケーションのセットアップを行う
  7. セキュリティ対策ソフトウェアをセットアップする
  8. 動作検証
  9. ラベルの貼り付け・管理台帳へ記帳を行う

アカウントの設定数などは、PCによって変わってくるでしょう。またアプリケーションの設定数も企業によって違ってきます。

スマートフォン・タブレットの場合の手順
  1. 開梱・電源ON
  2. SIMカードを挿入して設定する
  3. OSを設定する
  4. 各種アカウントを設定する
  5. ネットワークを設定する
  6. セキュリティ設定を行う
  7. いらないプリインストールアプリの削除・必要なアプリの追加を行う
  8. 動作確認
  9. ラベルの貼り付け・管理台帳へ記帳を行う

プリインストールアプリについては、メーカー・携帯会社で入れていても業務には必要ないものに関して削除を行いましょう。ただしルート権限がないと削除できないアプリについては、保留しておきましょう。

クローニングで環境を複製する場合

クローニング、つまり一台の機器環境を複数台へコピーするやり方もあります。

  1. マスターPCを指定して環境を構築する
  2. SYSPREPで一般化する
  3. マスターイメージを抽出して共有できるようにする
  4. 各機器のブートオーダーを変更する
  5. クローニングを実行
  6. 個別に必要な設定を行う
  7. 動作検証
  8. ラベルの貼り付け・管理台帳へ記帳を行う

クローニングしても各機器でしかできない設定もあるので注意しましょう。またマスターPCおよびその環境は、しっかり吟味して選択する必要があります。

IT資産管理を行う目的とは

作業負荷が時期よって変わる

作業負荷が
時期よって変わる

たとえば新入社員が入社する時期や、OSのメジャーバージョンアップがあると、キッティング作業の負荷が急にあがってしまいます。特定のリソースで対応している場合は負荷が上がってしまい、本来の業務に影響が出る可能性があります。

情シスのストレスが上がってしまう

情シスのストレスが
上がってしまう

基本的には同じことの繰り返し作業となってしまうことが多く、さらにはナレッジが蓄積されるような高度な技術は必要がないため、情シスとしても面倒な作業、やりたくない作業であることが多く、ストレスにつながってしまいます。

検証が十分でないとセキュリティリスクが上がる

検証が十分でないと
セキュリティリスクが上がる

ソフトウェアのセキュリティパッチや、バージョンアップなど常に注意しておかないと、セキュリティホールを築かれたサイバー攻撃などの被害にあう可能性があります。キッティング時にセキュリティ対策についても考慮しておく必要があります。

PCキッティングをアウトソースするメリット

自社のリソースや確保できる時間に関してキッティングするのが難しいと感じる場合は、アウトソーシングするのも有効です。保守・管理等を代行してくれる業者では、キッティングも代行してくれるケースが多くなっています。

  • 社内の作業負荷を一気に軽減できる
  • スムーズに作業が進められる
  • キッティング以外の作業も依頼できる

ITボランチのPCキッティングサービスの特徴

マルチベンダー対応
PC・サーバー・ルータ・タブレットなどメーカーや機種を問わず対応が可能です。
作業報告書をレポーティング
対応した作業内容は詳しくレポートとして提出いたします。そのままIT資産管理台帳に利用する事も可能ですので効率的な運用・管理ができます。
改善点のご提案
作業内容に不足があった場合や、新たなセキュリティの脅威が見つかった場合、情報適用とともに改善点のご提案も行います。

PCキッティングサービス内容

パソコンのキッティング
SERVICE.1

パソコンの
キッティング

ソフトウェアの導入支援
SERVICE.2

ソフトウェアの
導入支援

現地での対応
SERVICE.3

現地での
対応

キッティング機器の設置
SERVICE.4

キッティング機器の
設置

LAN配線の設置
SERVICE.5

LAN配線の
設置

IT保守サービス利用の流れ

FLOW.1お問い合わせ

概要をヒアリング。オンラインでも可能です。

お伺いさせていただき、概要をヒアリングさせていてだきます。
ご要望や、将来的に実現したいこと、何でもご相談ください。
オンラインでのご相談も可能なので、遠方の方でもご対応可能です。
主には、現状のIT環境の確認、お困りごと、ご要望をおうかがいいたします。

FLOW.2ご訪問

概要をヒアリング。オンラインでも可能です。

お伺いさせていただき、概要をヒアリングさせていてだきます。
ご要望や、将来的に実現したいこと、何でもご相談ください。
オンラインでのご相談も可能なので、遠方の方でもご対応可能です。
主には、現状のIT環境の確認、お困りごと、ご要望をおうかがいいたします。

FLOW.3お見積り

訪問時の内容から保守費用のお見積。

ご訪問時の内容から保守費用のお見積りをご提示させていただきます。
ご要望をヒアリングさせて頂いた内容からリモートプラン、定期訪問プランのどちらが最適かもご提案させていただきます。

FLOW.4ご契約・ご発注

サービス範囲など決定し、基本契約書を締結。

ご不明な点などは、詳しくご説明いたしますので、遠慮なくご質問ください。
すべてご理解いただき、ご発注いただければと思います。
また、ご発注いただく際に秘密保持契約書も締結させていただいております。

FLOW.5環境の準備

貴社のキッティング内容の詳細を調査し、保守契約書を作成。

貴社のIT環境などの詳細を調査、ヒアリングさせていただきます。
キッティングする内容をメニュー化し作業内容を明確にします。
その他にも、現状のお困りごと、ご要望などを詳しくおうかがいいたします。

FLOW.6作業開始

作業スケジュールを調整し、キッティング作業を実施。

キッティングの作業範囲、台数をまとめた契約書を締結いただきます。
所定の日時からPCキッティング作業を開始いたします。
2度目以降のキッティングについては、作業開始までのステップを短縮する事も可能です。