深刻化するIT人材不足とは

経済産業省のレポートによると、2030年までに最大で79万人のIT人材が不足する可能性があると記載されています。

働き手不足解消の切り札である、生産性を向上させるためにDX推進、AI、クラウド環境の活用等々、近年様々な策が打ち出され、IT活用は急加速で進んでいます。

続きを読む